ホームアイコン日産呉服>きもの豆知識 ▶サイトマップ

①浴衣を綺麗に着よう!

■浴衣の着付けは簡単?一見誰にでも着れる浴衣、でも綺麗に着ている人は珍しいです。ここでは、浴衣こそ綺麗に着る。それこそが【粋】を目指しましょう。
提案1:綺麗な着付けの基本は補正。生地の薄い浴衣こそ補正が必要。バストは着物ブラジャー・または晒しで押さえます。ウエストはタオルで平らに補正します。提案2:便利な道具は使おう。衿芯・抜き衿・コーリンベルト・前板を使います。◎掛け衿の内側を解き、そこから衿芯を入れます。(衿のだぶつきが無くなります)◎浴衣の内側に抜き衿を付けます。(衿が綺麗に抜けて前に出ません)◎コーリンベルトで衿先を引っ張ります。(胸元がはだけません)◎前板でウエストのへこみをカバー。この4点でうなじから胸元・帯がすっきりと収まり、着崩れもしません。後は、帯を大きく上目に結ぶ事、頑張って下さい。
日産呉服では、着付け・着付け講習も行っています。TEL.06-6925-2717まで

②着物のたたみ方

■着物・長襦袢のたたみ方。リンク参照

③背を高く見せたい!

背が高くなりバランスが良くなる”このみヒール&ヒール足袋を販売して居ります|大阪、日産呉服・都島店
■当店では、背が高くなりバランスが良くなる”このみヒール&ヒール足袋を販売して居ります。足袋の下にソールを入れて背を高く見せます。着物モデルも使用している優れ物です。男性のブライダル撮影にも使用しました。
◎このみヒール1組:\3,500/ヒール足袋:\3,500

④背が高すぎて裄が出ない

■先日、天神祭の浴衣の仕立てをご依頼頂きました。しかし、お客様の身長は180センチ、生地の幅は37センチでした。肩裄は、76センチです普通ではとても無理な寸法です。
袖を継いで何とか出来ました。以前には、お相撲さんの浴衣もさせて頂きました。さすがにこのときは、2反使いになりました。

④本加賀友禅とは(金沢の伝統工芸)加賀友禅体験記リンク


■友禅という言葉は江戸時代中期の絵師・宮崎友禅斎が発案した「糊で防染した、きもの模様の技法」 です。その技法は、京友禅、加賀友禅、十日町友禅に現在も引き継がれています。手描き友禅は、その模様の輪郭をなす防線のための 「糸目糊」が最大の特徴であり、美しさの生命線とも言えます。
 また、加賀友禅の特徴は、加賀五彩と言われる独特の色使いに有ります。加賀五彩とは、臙脂・黄土・藍・草・古代紫です。それらの色を使って、虫食いや先ぼかしの技法を駆使して友禅を仕上げます。


◎日産呉服・きもの倶楽部は、大阪市都島区・旭区・城東区・北区で着物レンタル&着物相談&和装小物販売の1番店を目指します。あらゆるご相談承ります。