着物にシミや汚れの応急手当

つい飲み物などをこぼして汚してしまったら、あわてずにまずは乾いたハンカチやタオルで吸い取りましょう。続いて、しみのついた部分の裏側に乾いたタオルを敷き、表側から水でぬらし固く絞ったタオルでシミをかるくたたき、シミを裏のタオルに写し取ります。絶対に生地をこすらないように注意してください。

乾いた布で生地の裏表から軽く押さえて水気を吸い取って乾かしましょう。あくまでも応急処置なので、すぐにお手入れに出してください。墨・マジック・インク・ボールペンの筆記具の汚れや口紅・ファンデーションなど化粧品など油汚れは水で触ると落ちなくなる場合もあるので、プロに相談するのが得策です。

着物にシミや汚れの応急手当

※ご注意!最近ベンジンなどを使ってシミの処理をご家庭でされる方がいらっしゃいますが、シミの種類などにより輪染みになる場合がありますので、慣れない無理は禁物です。万が一、取りかえしのつかない事態に陥ってもあきらめずに、日産呉服・きもの倶楽部の『きものクリニック』へご相談下さい。


日産呉服HOMEきもの相談室>着物にシミや汚れの応急手当