きものマナー豆知識

所作の美しさは、着物姿をより美しく見せるポイント。立ち居振る舞いに気をつけることで、汚れや余計なシワを防ぐことができます。歩く時は、やや内股で歩幅は狭く。履物を引きずったり、大きな音を立てたりしないで、背筋をのばして歩きましょう。

きもの姿で車の乗り降り

お尻からシートに腰をおろし、ひざを正面から車内に向けるようにして、両足をすべりこませます。また少しうつむきかげんで入り、ヘアスタイルをだいなしにしないように、気をつけましょう。スムーズに乗れますので、ぜひ覚えておいて下さい。あわてる必要はありません、落ち着いて乗り込みましょう。

車内では、シートにもたれずに帯をつぶさないように浅く座ります。降りるときは、乗る順序とは反対に、両足からでるときれいです。乗り降りの際、裾を汚さないように注意しましょう。ドアが閉まる時に振袖の袂をはさまれる場合もありますので注意しましょう。

立食パーティーなどで

謝恩会や披露宴に立食パーティーが多くなっています。お料理を目の前にしてバックが、邪魔でもたもたしていませんか?さげ手のある場合は、左手に掛けておきます。セカンドバックの時は、前のテーブルにおくか、左脇に軽くはさんでおきましょう。

卓上の物を取るときは、片方の手で袂(たもと)を押さえ、袂が卓上をすって汚れたり、 物を倒したりしないようにします。

座敷や化粧室では振袖のたもとにご注意を

たもとの長い振袖、花が咲いたように美しいものです。立っている時は、いいけれど座敷に座ったり、椅子にかけたり、化粧室ではとても扱いに困るものです。座敷では、わきに沿わせるように揃えて下さい。

椅子の時は、たもとをひきずって汚したりしないように、たたんで膝のうえに重ねておいて下さい。化粧室では、前の帯締めにはさんだり、後ろで軽く結んで帯山の所にのせておいても良いでしょう。

階段の上り下りにもコツがあります

コツなんておおげさと、お思いかもしれません。でも、裾を踏んだり、草履が脱げてしまったり、慣れないと色々あるものなのです。コツはつま先だけで上がらない事です。右の上前を持ち、腰を落とし気味にのぼります。上がった足が地に付くと同時に残った足を上げると、足首があまり見えません。

きものの上前と下前の太ももあたりを押さえ気味に持ち上げて、裾を短めにして上がると裾を汚したり踏んだりする心配もありません。あまり持ち上げすぎて、足袋の上まで見えないよう気をつけましょう。

少しだけおしとやかにエレガントに・・・

電話をかけるとき、つり革につかまるとき、たもとがずり落ちて腕がにょっきり、下着まで丸見えなんて事は、ありませんか?腕を上にあげるときには、とにかくあいているほうの手で袖口をそっと押さえておきましょう。


日産呉服HOMEきもの相談室>きもの豆知識